petgurashi.com
ペットはもはや家族・・・。 かけがえのない存在であることは皆さん同じでしょう。 アメリカのニュースサイト、HUFFPOSTでは飼っている犬や猫が病気になった時、あるいは亡くなった時、飼い主自身もメンタルを傷つけるということを記事にしています。 以下、翻訳文です。 家族同然の毛皮を着た友による証明 作者 リンゼイ・ホルメス ペットを失うという考えは、他の家族と同じように傷つく可能性があります。あなたの精神的健康が損なわれるほどです。 最近の獣医による記録では、動物が健康でなければ、その飼い主はストレス、不安、うつ病になる経験が増すことがわかりました。 調査の著者らは、病気のペットを飼っている119人とペットが健康な119人の自己報告アンケートを調べました。 アンケート調査では、飼い主の心理状態を測定することを目的とし、うつ病、不安、一般的なストレスのレベルを決定する質問をしました。 病気のペットを飼っていた人は、ペットが健康な状態の人よりも精神的な問題のスコアが高かったのです。 飼い主の生活の質にも影響を受けました。 病気の動物を持つ人々は、仕事や関係において、満足感が低いと報告されており、気分や健康も良くないと答えたのです。 この現象は、研究者が「介護者の負担」を呼んでいるものです。 病気である愛する人を見なければならないことは、人間であろうとペットであろうと、過剰な心理的苦痛を感じるのです。 獣医も例外ではない「メンタルヘルス」 これは獣医にも及ぶ可能性があると専門家は言います。 コーネル大学の獣医学と緩和ケアの教授であるキャサリン・ゴールドバーグによると、獣医は自分自身のニーズと同じように、オーナーのニーズに注意を払う必要があるという調査結果を記しました。 獣医学において、感情的な労務は重要であります。 この感情的な労働の大部分は、深刻または末期患者を持つクライアントとのやり取りにおいて、非常に関連しています。 ゴールドバーグはこの研究に関しては無関係でしたが、先ほど述べた結果を記しました。 さて、この調査の結果は、純粋に自己報告の回答に基づいています。 研究者は、参加者自身のストレス、不安、抑うつのレベルの上昇を測定できませんでした。 実際に測定出来ない結果だったのか、それとも単にボランティアの認識によるのか、把握するは難しいでしょう。