petgurashi.com
犬を飼うならば、絶対に避けて通れないのが、予防注射です。 責任を持って、犬を育てるために、必ず、動物病院で、予防注射をしてもらいましょう。 ペットショップから、保護センターから引き取る、ボランティア団体から引き取る、ブリーダーから買い受ける、人からゆずり受けるなど、さまざまな方法で犬を引き取り、育てることになるかと思います。 どの犬も必ず動物病院に行き、予防注射を摂取することが重要です。 その予防注射や、費用について、ご紹介していきます。 狂犬病の予防接種 日本では、一年に一度、狂犬病の予防接種を受けることが義務付けられています。 登録していれば、毎年春になると、市町村から、「狂犬病の予防接種の時期がきました」というお知らせが届くので、春は、狂犬病の予防接種の季節だと覚えておくといいでしょう。 動物病院でもできますし、各自治体で、狂犬病の予防集合注射の会を実施もしているので、市役所に問い合わせてみましょう。 費用は、およそ、3000円程度で受けることができますが、動物病院で摂取する場合は、各病院によって、費用は異なってくるので、あらかじめ、動物病院に問い合わせておくといいでしょう。 ただし、狂犬病の予防注射にも、発熱、嘔吐、呼吸困難などの、副作用はあります。 特に、10歳以上の老犬や、心臓に問題がある犬、腎不全を患っている犬など、健康に問題がある犬は、副作用が出やすい傾向にあります。 予防注射をするだけで、身体に負担がかかるわけですから、健康に不安があるわんちゃんを飼っている場合には、必ず、動物病院に相談するようにしましょう。場合によっては、猶予される場合があります。 混合ワクチン 狂犬病の予防接種の他に、混合ワクチンもあります。混合ワクチンには、2種、5種、6種、7種、8種、9種、10種などさまざまな種類があり、各動物病院によって、使われるものは違います。 あらかじめ、問い合わせておくとよいでしょう。 これらの混合ワクチンが予防してくれる病気は、犬ジステンバー、犬バルポウイルス感染症、犬伝染性肺炎、犬アデノウイルス2型感染症(犬伝染性喉頭気管炎)、犬パラインフルエンザウイルス感染症、犬コロナウイルス感染症、犬レプトスピラ感染症などがあります。 費用は、動物病院によって異なりますが、大体、次のようになります。 2種混合ワクチン 5000円~6000円