zakkuri.info
Jetpackブロックのスライドショーやギャラリーは従来のものとどう違うのか | ざっくりまとめました
WordPress5.0以降ブロックエディタが使えるようになって、Jetpackのギャラリー機能が、Jetpackブロックとして定義されました。一方で従来通り、クラシックエディタ上でメディアを追加ボタンからギャラリーを追加もできる(以下、旧式と略す)ので、どう違うのか比べてみました。 ざっくりまとめると、以下。目次以下に実際のスライドショーとギャラリー、その設定方法についても書きました。 見た目スライド:デザインとフェードの効果が微妙に違いますギャラリー:旧式もJetpackブロックもほぼ同じギャラリー:キャプションを指定した場合は、旧式はホバー表示されるが、Jetpackブロックは表示されない(が、ホバーはモバイルフレンドリーではないという意見もあるのでキャプションなしでもよいのかもしれません)便利さJetpackブロックの方が手数が少ないjetpackブロックは、投稿画面上でプレビューできて便利 個人的に、スライドショーは旧式(クラシックエディタに挿入したものの見た目)の方が好みです。が、旧式を使ったことがない人であれば、Jetpackブロックを使った方がいい、というか便利です。旧式の場合は以下の2つの間違えやすい点があるので。 メディアライブラリーから画像を選択する際に左側のギャラリーを作成を選択した上で画像を選択するのが間違えやすい(ギャラリーを作成を選択し忘れる) その次の、ギャラリーを編集の際に、ギャラリーの設定が複数あるのでどこを選択したらよいか最初は戸惑う(スライドショーであれば、タイプをスライドショーに、リンク先をなしorなんらかのリンクに設定するだけなのだけど) 1.スライドショー 1-1.クラシックエディタの中に 1-2.Jetpackブロック Be and CooBe and CooBe and CooBe and CooBe and Coo 1-3.Jetpackスライドショー設定方法 ※スライドショーで使う画像はすでにアップロード済みとします 1-3-1.クラシックエディタの場合 旧式の場合は、以下の図のように投稿エディタ中でプレビューされないのでぱっと見何を設定したのかわかりません。 1-3-2.Jetpackブロックの場合