zakkuri.info
[書籍]吾輩は猫である は、○○小説である | ざっくりまとめました
説明するまでもないですが、夏目漱石の第1作目の小説です。子どもの頃、家の書棚にあったものを読もうとして途中まで読むものの途中で挫折してしまった、そんなことを数度繰り返していました。今回初めて読破したら、なぜもっと早くに読まなかったのだろうと悔やまれました。つまり、「吾輩」の詳細は知らなかったものの、これまでこのようなタイプの小説を好んでいたからです。一言で言うと小林信彦が好きな人は必読です。以下に、「吾輩」は猫が語り手の小説であるだけでなく、◯◯小説であるという見立てで書いていきます。(写真は初版の表紙コラージュです) 「吾輩」は同時代小説である 小説が世に出たのは1905年1月。俳句雑誌「ホトトギス」に短編の読み切り作品として掲載されました。好評を得たため1906年8月まで11回掲載し、その11章が現在の「吾輩」の長編小説となっています。読み切りを想定して書いた(と思いますが)第1回目こそ時代を特定できそうなものはタカジヤスターゼ(胃腸薬・高峰のジアスターゼ。1899年に日本で販売されたらしい)くらいです。 連載となった第2回目(1905年2月発表)では小説の時代が現在1905年の1月であることがわかります。『今年は征露の第二年目だから』と『年始状』から、1904年に始まった日露戦争の2年目つまり1905年1月であると。こういう同時代的な感覚は新しかったのでしょうか。なお、詳しく調べてはいないものの当時の新聞小説も通俗的で時事性に富んでいたそうなので、それらと見比べてみるのも研究としては面白そうです。 また、藤村の羊羹(今の本郷三丁目辺りにあった和菓子屋)、街鉄(1903年設立の東京市街鉄道株式会社)など、当時あった事物が小説に登場するのも同時代的というか風俗的です。そのように、昔のことを今書いた小説とはちがうわけで、本当は色鮮やかにして読まなきゃいけないところを、以前読んだ時はモノクロにして読んでしまっていたなあと思うのでした。