yumiokano.com
3月の2:「唯一の答え」と「究極の問い」
つい絶対無二の正解を求めたくなる方もいらっしゃるようですが、 それは本当に存在するのでしょうか? 唯一それらしきものがあるとしたら、 「ケース・バイ・ケース」という答えではないかと思います。 対して、問いのほうはどうでしょう? 究極の問いなるものがあるとしたら、 わたしは、「で?」だと思うのです。 (「それから?」とか「どうする?」の手前にある「で?」です。) 「で?」と問い、「ケース・バイ…