yumiokano.com
『博物誌(ルナール)』:小さくも壮大な世界を見る目
(この美しい書影をクリックすると、アマゾンのページに移行します。) 著者は「にんじん」を書いたジュール・ルナールです。 (書影をクリックすると、アマゾンのページに移行します。) (「にんじん」と「博物誌」は青空文庫にも公開されていますね。) 以下、「博物誌」から引用します。 「蜘蛛」 髪の毛をつかんで硬直している、真っ黒な毛むくじゃらの小さい手。 一晩じゅう、月の名によって、彼女は封印を貼り…