yumiokano.com
『ぼくの小鳥ちゃん』:けしからんことの素晴らしさ
(書影をクリックすると、アマゾンのページに移行します。) 初めて読んだとき、「小鳥ちゃん」は、ほとんどわたしではないかと思いました。 いや、きっと読者の多くがそう感じるように書かれているのでしょう。 とにかく、「けしからん」のです。 けしからん(怪しからん)とは? 道理にはずれていて、はなはだよくない。不届きであること。 最近では、いい意味でも使いますね。 「規格外のよさ」、素敵です。 &n…