ysugie.com
玉城デニー氏の圧勝が見せた民意の意味する真相とは?
9月30日(日)は沖縄県知事選に祈りを込めていました。テレビはおりしも台風24号のニュース一色。僕自身は品川区長選挙に投票に行ったのですが、気持ちは国政選挙並みに政界に影響力のある沖縄県知事選で、玉城デニー氏に一票投じたい気分でした。もちろん沖縄県のことは沖縄県民の決めることであって、東京からどうのこうのいう問題ではありません。それでも沖縄の米軍基地の問題は、国民的課題であり、沖縄県民がきちんと意思を表示できるかどうかは、日本の民主主義の行く末を占うものだったと言えます。 対する自民、公明、維新、希望の4党が推薦する佐喜真氏には、本土から政府与党が総力戦の覚悟で臨みました。自由民主党からは菅官房長官という政府首脳が応援に駆けつけ、今や自民党のアイドル小泉進次郎氏まで投入して、最大限の選挙戦を繰り広げました。これほどまでに力の入った地方選挙はいまだかつてありません。自民公明が全力を尽くしても負けたと言うことは、政権与党としては厳粛に受け止め、次回の参議院選挙に向けて対策を考えなければなりません。ヤマトンチュ(本土)からの出しゃばった介入が、ウチナンチュ(沖縄県民)には、かえって反発を招いたとも言えそうです。 玉城デニー氏は自由党の幹事長であり、立民、国民、共産、社民といった野党すべてが、足並みを揃えた見事な野党共闘を実現させました。今回の野党共闘の成功は、今後の国政における野党共闘のモデルケースとして、必ず応用できるはずなので、野党各党の党首はしっかり記憶に残すべきです。玉城デニー氏はヤマトンチュ(本土)の意向ではなく、地元沖縄の地域住民にしっかりと軸足を置き、翁長前知事の遺志を受け継いで、辺野古基地移設に反対する立場を明確にしました。それがウチナンチュ(沖縄人)の心を掴み、選挙での圧勝につながったことは、間違いありません。