ysugie.com
データマンとアンカー〜テレビの基本〜
テレビの報道番組の世界と、大学教授など学術研究者の世界では、常識に大きな違いがあります。それは情報の匿名性に対する考え方の違いです。その違いが一部の自己顕示欲の強い大学教授によって、時々池上彰さんの番組がバッシングされる原因になったりしていると思うので、簡単に説明しておきます。 テレビの報道番組は、基本的にデータマン(ネタ元に直接取材し情報をインプットする人)とアンカー(キャスターなど最終的に情報をアウトプットする人)のチームワークで成り立っています。データマンは記者、番組ディレクター、制作スタッフ、リサーチャーなどで数十名くらいでしょうか、かなり大勢います。アンカーは基本的に一人です。テレビの視聴者は、アンカーの言葉を通して情報に触れるので、アナウンサーなどアンカーが物知りなような錯覚に陥りますが、実際は大勢のデータマンの収集した情報を精査し、短くまとめて表現しているのです。 この時、情報の扱い方の大原則は「情報源の秘匿」です。データマンは事件事故の当事者や、問題の関係者、その分野の識者など非常に多くの人に取材しますが、伝えるのはデータマンの責任において確信の持てた情報の内容だけであり、誰がその情報をもたらした取材先であるかは伝えません。「政府筋によると……」とか「政府首脳によると……」と情報の入手先をあいまいにして伝えます。取材源を明らかにすると、多くの場合、取材協力者に迷惑がかかるからです。 集められた情報は編集責任者の判断で、自局のオリジナルのニュース原稿としてまとめ、アンカーがそれをカメラの前で伝えたり解説したりします。この時、いちいち情報の入手先を「〇〇省〇〇課の〇〇さんによると」などと付け加えていては、一本のニュースの中に「〇〇さん」が限りなく大量に出てきてしまうでしょう。問題の本質がその「〇〇さん」といった個人名を明示することによって意味をなす場合を除いて、問題の本質に関わらない個人名は基本的に伏せておくのが普通です。個人情報の問題もあります。