ysugie.com
子役タレントについて視聴者は無知すぎる
先日フジテレビで放送された池上彰さんの番組で、子役を使ったやらせがあったのではないかというネット上の炎上があります。7日放送のフジテレビ系「池上彰スペシャル 池上彰×子供×ニュース 痛快ギモンに大人も納得SP」に出演していた子供たちに、子役が混じっていたとネット上で批判されている件です。これに対してお笑い芸人のウーマン村本さんは、この炎上に対して、 「どんだけバカなんだよ」(スポーツ報知) と一笑に付しています。僕も村本さんの意見に基本的に同意です。そもそもテレビ局のスタジオに、ガチで普通の小中学生を70人集めたら、大人たちの多さや照明やカメラといった雰囲気にのまれて、みな下を向いて黙ってしまうでしょう。とても子供が発言なんかできるわけもなく、テレビの番組制作自体がストップしてしまいます。このような収録には、スタジオの雰囲気やカメラに慣れた子役を使うのは当たり前なのです。 こういうテレビの制作現場では当たり前の常識を、無知な輩がネットで騒いでいるとして、ウーマン村本氏はバッサリ切ったわけですが、元祖子役を使った番組のプロデューサーである僕は、視聴者との距離をつめるために、もうすこし丁寧に説明しておきましょう。 みなさんは「子役」と聞くと、子供だけど芝居や演技ができる役者、というイメージを持つことが多いと思います。もちろん一部の天才的な子役、たとえば朝ドラ「半分、青い。」に出ているカンちゃん役の山崎莉里那ちゃんなどは別格ですが、一般に劇団東俳や劇団ひまわりなどに所属しているほとんどの子役たちは、芝居も演技もろくにできません。 0歳児の赤ちゃん子役というのもいます。この子が劇団から子役に選ばれた理由は、他人の大人に抱かれても泣かないこと。それだけです。両親と離れて大勢の大人たちの間に飛び込んでいき、スタジオのカメラにも照明にも萎縮することなく、大人でも緊張するスタジオ本番の時に、自然に振る舞い日本語でしゃべれること。これだけが子役の必要十分条件だと言っても過言ではありません。男の子の子役の中には、人見知りを克服させるために、親が劇団に入れて教育している、なんて例もあって、演技どころではない子供もいました。