ysugie.com
杉田水脈と植松聖に共通する優生思想
2018年7月「こどもを作らないLGBTには生産性がないから税金の無駄」と雑誌上で主張した自民党の杉田水脈議員は、LGBTを差別したことだけが問題ではありません。彼女の思想の背景にあるのは「生産性のない人間」が生きることをを否定するとんでもない発想であり、障害者や認知症患者を始めとする社会のマイノリティーの人権を踏みにじるものです。またこどもを作らない女性すべてに対して「生産性がない」と否定するものでもあります。 そもそもこどもは「生産」するものなのか、というツッコミは置いておいて、人間が生きる意味を「生産性」の如何によって判断している時点で、政治家として失格です。また人としてもいかがなものかと僕は思います。社会において生産性のない障害者などの社会的弱者や高齢者などに対して、いかにその人がその人らしい満足な人生を送っていけるか、それを考えるのが政治家の立場であるはずです。しかし杉田水脈氏にはそれが欠落しています。 残念ながら世の中には、このようなとんでもない思想の持ち主が少なからずいます。体や心に障害を持ち、社会支援によって生きている人々に対して、「社会のお荷物」という見方しかできない思想。社会的マイノリティーを排除していこうとする思想。こういった考え方はナチスの優生思想(優秀なゲルマン人のみの遺伝子で社会を構成し、身体障害者、精神病患者、社会的異端者などを抹殺しようという思想)に通じるものです。 この話を聞いて僕がすぐに思い浮かんだのが、2年前の神奈川県相模原市で起こった障害者殺傷事件です。津久井やまゆり園で知的障害者19人を殺害した、植松聖被告は今もなお「日本には金がないのだから、社会の役に立たない障害者を生かしておく余裕はない」という自身の主張を、獄中から発信し続けています。このような植松聖の主張を支持する声が、驚くべきことにネット上で今もあちこちから聞こえてくるのです。そのような声は事件直後からあり、僕が記録していたので当時のブログをお読み下さい。 相模原の知的障害者殺傷事件は「狂気」ではなく「確信犯」だ