ysugie.com
シリーズ「昭和」2経済成長編
シリーズ「昭和」1そもそも論 「昭和がとんでもない時代だったということは分かりました。太平洋戦争を抜きには語れないということも」と彼は言いました。 その基本さえ分かっていればいいんだ。その上で昭和の前半をあえてネグり、後半の話だけをするのも、場合によってはありだと思うよ。戦前、戦中、戦後の話をしだしたら、それだけで何日もかかってしまうからね。それはまた別のプロジェクトで扱うことにしよう。今日はあなたのボスのリクエスト通り、昭和の経済成長期の話をするということでいいかな? 「お願いします!バブルの話とか」 バブルは日本の経済成長とはまた別の話だ。極めて特殊な事態が発生したのだから。それよりも昭和27年に日本が独立したときには、既に日本国憲法に基づいて、ほとんどの法整備がなされていたんだ。GHQの占領下にあっても、日本社会党の片山哲内閣は、ほぼ現在に近いレベルまで、様々な法案を可決していった。これは驚くべきことだ。そのおかげで日本に主権が戻った時には、すぐに多くの事業に着手できた。昭和33年には東京タワーも完成した。東京タワーの高さは333メートル。自立型鉄塔としては当時世界一の高さだったんだ。敗戦から立ち上がろうとする、当時の日本人の決意と情熱、知恵と工夫の象徴だと僕は思っている。 朝鮮戦争特需もあって、日本はたちまち高度経済成長期に入ることになる。東海道新幹線の開通、東京オリンピック、大阪万博とイベントが相次ぎ、多少の波はあるもののGDPは常に右肩上がり。サラリーマンの給料はベースアップといって、基本給の額が毎年上がるのが当然であった。大卒初任給も毎年上がった。昨日より今日、今日より明日が豊かになるのが当然で、それを信じて日本人は勤勉によく働いた。この長期間にわたって常に右肩上がり、という意識が昭和の人々のメンタリティーに与える影響は大きかっただろう。そしてそれこそが昭和を象徴している。