ysugie.com
シリーズ「昭和」1そもそも論
「昭和について一言でまとめてもらえませんか?」。僕はあるとき、某大手マスコミの担当者から、そういう依頼を受けました。僕は椅子ごと後ろにひっくり返りそうになりました。「僕もいちおう昭和生まれなんですが、まるで記憶がなくて…」と30代前半の彼は、あっけらかんと続けました。「昭和について、1時間くらいでいいので、僕にレクチャーしてくださると助かります」 おいおい、昭和という時代が一言で表現できるわけがないじゃないか。たった1時間で、いったい昭和の何が説明できるというのか。断ろうとする僕に、その担当者の上司だという40歳過ぎの人物が現れて、だめ押しをしました。「難しいと思いますが、そこを一つよろしくお願いします。彼を筆頭に、今回のチームのほとんどは、平成しか知らない世代なんです。杉江さんが一番長く昭和を生きていらっしゃるので、語って頂くのに、まさに適任なんです」 たしかに還暦を迎えようとする僕の年齢は、若い世代が中心のマスコミ業界では、年配者なのかも知れない。昭和と平成を30年ずつ生きてきた。だけど僕の父親も母親も昭和一桁生まれであって、昭和を語るならせめてその世代の人から、話を聞く必要があるのではないか。と意見しました。しかし依頼人は首を横に振って言いました。「戦争だとか、そういう暗い話は、今回はいらないんです。今回はあくまでも明るい企画ですから」そして部屋を出て行きながら、言ってのけたのです「杉江さん自身がご存じの、オリンピックだとか万博だとか、そういう明るい戦後の昭和についてだけで結構ですから、ひとつよろしく」と。 やれやれ、と思いながら僕は担当者と二人で、会議室に向かいました。1時間じゃすまないかも知れないよ。と僕は言いました。「はい。何時間でも結構です!」と答える彼に僕は念を押しました。いいかい、歴史は続いている。その意味は分かるよね? 昭和があって平成がある。戦前があって戦後がある。切り離すことなんてできないんだ。連続して流れる歴史の延長線上に、僕たちは今、生きている。これから出くわす問題の解決も、未来へと切り拓く展望も、この流れを見つめることによってのみ可能になるんだよ。