ysugie.com
事件被害者を実名報道するべきか
昨年、座間の9人殺人遺体遺棄事件が衝撃のニュースとして新聞、テレビで大きく取り上げられました。この際にマスコミは一斉に殺された被害者の実名を顔写真入りで報道しました(続報では匿名にしたメディアもある)。マスコミは基本的に事件の被害者は実名で報道するのが原則ですが、被害者の家族の心情を考えると匿名にすべきではなかったのか、という意見も多く寄せられました。 特に一般の読者や視聴者の素朴な感情で言うと、気の毒な被害者をさらに実名報道することでプライバシーをさらされる状態にするのは、あまりにも気の毒だという考え方が大多数を占めています。死者にむち打つ気か、という怒りの声も上がっています。僕自身も感情の面では多くの視聴者と同様に、被害者の実名報道には疑問を持つことがしばしばあります。 これに対して先月28日放送の「池上彰が2017総ざらい 知らずに終われない今年のニュースTOP50」(テレビ朝日系)でジャーナリストの池上彰さんが、実名報道の意義を説明しようと試みました。マスコミの立場から、なぜあえて被害者実名報道を原則としているか、その理由を解説しようとしたのです。 しかしこの問題はあまりにも高度なジャーナリズム論で奥が深く、さすがの池上さんも誰もが説得できるような解説には苦慮していました。むしろ一般の視聴者からは、説得力がない、実名報道を肯定するとは何事だ、と猛反発をくらったくらいです。 池上さんは「匿名にすると、その被害者はどういう人なのか、どういう生活環境なのか、なぜ事件に巻き込まれたのかっていうことが、(新聞を)読んでる側、あるいは(報道を)見ている側がよくわからないのではないか」と解説しました。さらに実名報道によって、被害者の存在証明の役割を担えると同時に「どのようにすれば(事件防止)対策がとれるんだろうか」と考えるきっかけに成り得る可能性を指摘し、「匿名になったとたん抽象的になってしまう」とも説明しています。