ysugie.com
iPhoneにハイレゾ音源はムリと判断した5つの理由
以前も書きましたが、CDやiTunesの音楽は16bit/44.1kHzという圧縮比率でデジタル化されており、アナログの元の音源に比べると荒いものです。つまり音質がそれなりに劣化しているのです。そうなると往年のオーディオマニアとしては、より音質劣化の少ない、原音に忠実な音楽を聴いてみたくなるのが人情というものです。 そこで今、注目されているのがCDよりも音質の優れたハイレゾ音源というものです。究極はwavファイルなどの非圧縮のデータでしょうが、それでは大きすぎるということで、実際に世間で一般の音楽リスニング向けに普及しているのが、flacファイルと呼ばれるもので、24bit/48kHzか24bit/96kHz、あるいはより音質を高めた24bit/192kHzくらいの圧縮率の音楽ファイルです。e-onkyoというサイトとmoraというサイトの二つが、今のところ日本では比較的に曲数の多いサイトで、登録曲数はApple Musicなどに比べると足元にも及びませんが、まあなんとか好みの音楽をいくつかダウンロードできるレベルです。 ハイレゾ音源を聴くために必要なことは、その音源をダウンロード購入することと、DACアンプという装置(デジタル音源をイヤホンやヘッドホンを鳴らせるアナログ信号に変換する)を購入すること。ハイレゾ音楽専用のアプリは、iPhone用ならラディウス社から出ているNePlayerという無料アプリや、e-onkyoからもmoraからも無料アプリが出ているので、アプリそのものには全くお金はかかりません。あと必要なのは、好みにあった高音質のイヤホンを買うことくらいでしょうか。もちろん高いほうが音質はいいのでしょうが、まあ好みの問題です。 僕はイヤホンが耳の形に合わず、すぐに落としてしまうので、かさばりますがSENNHEISER社製のヘッドフォンを使っています。最近流行りの片耳ずつの、イヤーピースだけのBluetooth接続のイヤホンなど、買う人の気が知れません。僕は買って三日以内に片一方のイヤーピースを紛失する自信があります。片一方を紛失したら意味がないのに、どうするのでしょう。よっぽど耳の吸着力が良い人なのでしょうか。それはともかく、「音源」「DAC」「アプリ」を揃えれば、誰でもお金をかけず簡単にハイレゾ音楽を楽しむことができるということです。