ysugie.com
バスの車体の衝突安全性
未明の軽井沢のスキーツアーバス事故は悲惨だった。 さっそくバス会社に警察の捜査が入ったようだ。 だがちょっと待ってほしい、一般道走行スピードでの単独事故であそこまで車体が損傷し、乗っている人間の生存空間が確保されないと言うことは看過できないのではないだろうか。 車体剛性が軽自動車と同等ないしは低いというのは許されるのか? 軽自動車は自損事故でも最大4人しか死なないが、バスでは、今回でも14人が亡くなっている。バスは、鉄道や航空機と同じく、大量公共輸送機器だ。 飛行機は、墜落したら生存率は限りなくゼロだが、それでもなお、生存率を上げるための安全設計や機体強度に最善を尽くす。 その安全設計思想は、「人間はエラーを犯す」ということである。これを前提に、まずエラー自体を起きにくくする、そのうえでエラー(誤操作)が起きても乗員の命は機械が守る、これがマンマシンシステム設計の最低基準だと思う。 バスの正面・後方・側方衝突、横転時の安全基準は、乗用車よりゆるすぎるのだ。 皆さんも、乗用車の衝突実験はテレビで見たことがあるだろうが、バスのそれはないだろう。今回の事故でもたぶん検証されない。 しかし安全基準がもうすこし厳しければ、たとえば車体中央部に梁枠を義務化するとかすれば、今回程度の事故で死なずにすんだひとが多かったのではなかろうか。 バスの死亡事故が起きるたびにバス会社と旅行会社は責められるが、バスのメーカーや安全基準を司る国が責められることがないのは納得がいかない。 メーカーと国こそが真犯人として追求しよう。 ご遺族も、時速60~80キロでの自損事故で、車体(側面と天井) につぶされて人が死ぬというのは、欠陥品に乗せられているという認識を持って、バスメーカーと国を訴えて欲しい。