ysugie.com
パリだけではないイスラム国による国際テロは、新しい時代に突入した
今回パリで3箇所、8人の自爆テロリストにより128人の市民が無差別に銃殺された事件は、イスラム国がしかけた全く新しいタイプのテロリズムの幕開けとなってしまいました。国際社会に与えた影響の大きさはご存知の通りです。テロとは、相手をテリブル(恐怖)に落とし入れることを目的としてますから、対抗策としては、テロを恐れないこと以外にありません。シリアのイスラム国の拠点をどれだけ徹底的に空爆しても、バグダディやその他幹部を逮捕死刑にしても、この新しいタイプのテロは決して無くなることはないでしょう。なぜなら「テロリスト」という人種がいるのではなく、「テロリズム」は思想だからです。絶滅させても、また自然と発生します。空爆ではない根本的な解決をしないかぎり永遠に続きます。トリコロールでお祭り騒ぎをしている場合じゃないのです。 今回のテロがなぜ全く新しいタイプのテロかというと3つの大きな特徴があります。 ホーム・グローン、すなわちフランスの自国内で生まれた、自国育ちの若者がテロリストと化したものであること。 ユーロ圏を股にかけ、極めて緻密で冷酷な計画のもとに実行されていること。 ロシア機の航空爆破テロ、レバノンでのパリ並の規模のテロ(なぜかこちらはあまり報道されない)と相次いでいること。 これらのことから分かることは、これからのテロは、911とは全く異なる、分散同時自己発生型のテロであるということです。911は集中管理動員型のテロでした。ビンラディンが中心となってアルカイダをまとめ上げ、そこからテロリストを育て上げて、米国に潜入させる必要がありました。イスラム国による新しい分散同時自己発生型のテロは、攻撃対象国にテロ要員を送り込む必要もありません。全世界各国で、ごく普通の若者が思想的影響を受け、感化されて次々にテロリストに生まれ変わるのです。まるでオセロゲームのように、です。イスラム国は今までに無かったタイプの国際テロ組織になるにも書きましたが、極端な話、インターネットで勧誘の動画を流し、全世界に住む抑圧されたイスラム教徒の二世、三世の世代を洗脳するだけで、実行に至ることができるのです。