ysugie.com
池上彰をハメた「フジテレビ韓国スペシャル」ねつ造の手口
6月5日に放送されたフジテレビの金曜プレミアム「池上彰緊急スペシャル!」。この番組で放映された韓国人の街頭インタビューが、実際の発言とはまったく異なる内容の字幕をつけていたことで、ねつ造疑惑が持ち上がり、番組の信ぴょう性が大きく揺らいでいます。番組のみならず、下手をするとプレゼンテータとしての池上彰さん個人の信用にも影響しかねない問題です。となるとファンクラブ主宰の僕も、黙ってはいられません。徹底究明をフジテレビに要請しました。 問題は「知ってるようで知らない韓国のナゾ」と題された番組内の「韓国 反日のルーツに迫る!」というコーナーで、「なぜ韓国はそこまで日本を嫌うのか」「そして実際、韓国で日本について話を聞いても」とのナレーションをつけ、ソウルでの街頭インタビューの内容を放映した際に起こりました。その中で3番目に放映された女子高校生につけられた吹き替えと字幕は 「嫌いですよ。だって韓国を苦しめたじゃないですか」 となっていました。ハングル語が分からない僕は気が付きませんでしたが、ハングル語の分かる視聴者からの指摘で、実際にはその女子高校生のセリフは、 「文化がとても多い。そして外国人が本当にたくさん訪れてくれるようです」 であったことが明らかになりました。まったく真逆のメッセージです。おまけに番組の本質に関わる部分です。外国人の外国語のセリフを、ボイスオーバーしたり字幕をつけたりして日本語の訳を載せる時、専門の通訳の力を借ります。それはインサートVTRの編集中に行われ、もっぱら担当ディレクターと編集マン、そして通訳といったメンバーで作業は進められます。 この時、通訳を誰にするか選定するのは、ディレクターである場合もあれば、プロデューサーである場合もあります。いずれにしても全面的に信頼できる人物を、通訳として選定するのが普通です。もし裏切られて、誤訳やねつ造の訳がつけられても、最終的な試写ではチーフ・プロデューサーの塩田千尋氏をはじめ、池上さんでも通訳の件まではチェックできなかったでしょう。担当プロデューサーの濱潤氏や、下請けプロダクションのスタッフラビの担当プロデューサーである池田睦也氏もチェックできなかったと思われます。