ysugie.com
声優・アナウンサー式!滑舌のトレーニング
この5月、ニッポン放送に5日間、続いてbayfm(6月4日放送)に1時間。このところラジオの出演が相次ぎました。生れて初めてラジオの番組に出演してみて、自分のあまりの滑舌の悪さに絶望的なくらいショックを受けました。僕がそんな自分のヒドいトークを看過するわけに行かないのは当然です。なにせ長年ディレクターとして、数々の一流の声優さんやアナウンサーさんに「しゃべり」の注文をつけてきた僕としては、強烈な恥辱にまみれた一瞬であったと言っても過言ではないのですから。 二度目のラジオ出演まで1ヶ月もありませんでしたが、僕は短期間に集中トレーニングを自分自身に課すことに決めました。幸いなことに、ノウハウを持ったプロは周囲に大勢いました。あとはそのアドバイスに従って、いかに効率的に訓練するかでした。みなさんもいつなんどき、テレビやラジオの出演者としてトークする立場になるかわかりません。その時のために、今回取り入れた2週間で滑舌を矯正するトレーニング方法をメモしておきましょう。 リスニング:先生に相手をしてもらって、実際にマイクを通してトークを30分ほど録音します。それを客観的に何度も聴きこんで分析しましょう。録音された自分の声は、最初聞きなれず変な声だと感じますが、それが違和感なく自分の本来の声だと納得できるまで繰り返し聴きます。自分では意識していなかったリップノイズ(破裂音の発声時などに出る、クチャっとした音)や、思ったよりも音圧が低くて声が響いていないことにも気づくと思います。これから矯正すべきポイントを理解することから始めましょう。 腹式呼吸による発声練習:よくお腹から声を出すと言いますが、発声の基本です。「あー」でやります。横隔膜を引き下げて息を下腹部に溜めるイメージで息を吸い、腹筋を使って絞りだすように声を出します。腹式呼吸自体は演劇や歌、スポーツや武道などの際にも練習しますから、できている人は、その息を無駄なく声に使うようにするだけでOKです。僕も腹式呼吸は普段からしているので、すぐに習得できました。とにかく声量が倍ほど大きくなります。