ysugie.com
クロ現「追跡 "出家詐欺" ~狙われる宗教法人~」やらせの真相
週刊文春で騒がれているNHKクローズアップ現代の「やらせ」疑惑であるが、僕の直感では「やらせ」ではなかった。あるいは「やらせ」で撮影したシーンがあっても、全体から見ればわずか。すなわち再現シーンに「再現」とダブらなかった程度で、文春の言っているような佐村河内守事件並みの捏造では無かったと思うのであります。一昨日4月3日にNHKが調査委員会を開いたので、真相はやがて明らかになるでしょうが、とりあえず今の時点で僕の感じていることをば、記しておきます。 そもそも「出家詐欺」とは、ーーー 出家すれば戸籍の名前を変更できる仕組みを悪用。 多重債務者を次々と出家させて別人に仕立て上げ、多額の住宅ローンをだまし取る手口。それを取材したクローズアップ現代が、去年5月14日にNHKで放送された。 週刊文春によれば、ーーー「 出家詐欺」のブローカーを演じてほしいと依頼されたとする男性が証言したという。事実なら大問題なだけに、国会でも取り上げられる問題に発展した。 というNHKと文春の対決ですが、まず文春側を見てみましょう。 文春の記事は、告発してきたブローカー役をやらされたという男性の証言のみを根拠にしている。 ブローカー役の他に、多重債務者、住職、不動産業者など多くが関わっているが、彼らへの取材が不足している。 追跡取材してネタにすればいいのに、それをしていない。 最も悪質なのは住職の三浦氏であり、そっちを追求すべきなのに、それをしていない。 というのが文春側を見た時に感じた感想。 一方、NHK側を見てみると、やはり「やらせ」ではないという感触を僕は受けています。普通、報道局の作るクロ現の場合は、大勢の記者でわーっと取り掛かって一気に作り上げることが多いのですが、今回の番組でも名前が出ている署名記者だけでも、大阪局の野本勝記者、京都局の法花直毅記者の少なくとも二人の記者が、ナレーションやスタジオで出演しています。 野本と法花の二人の記者が関わって、同時にウソをつきとおす(グルになる)なんてできるとは思えない。 そもそも自分の顔出し、名前出しの番組で、捏造なんて危険なことを企むとは思えない。 事件そのものは実在したものであり、それを隅々まででっち上げたとはとても思えない。 偽ベートーベン事件の直後であり、誤報には皆が慎重になっていたはず。