ysugie.com
資本主義が終焉したら何主義になるの?
僕はピケティの21世紀の資本のそのまた解説本はチラリと読んだけど、それほど目新しいとは思えませんでした。せめて安倍さんがアベノミクスを考えつく前に読んどいたくれたらなあ、と思ったくらいです。現実のほうが先を行ってるじゃん、というのが正直な感想でした。それに比べて読んだら目からウロコだったのが水野和夫さんの資本主義の終焉と歴史の危機 (集英社新書)のほうでした。経済学をまともに勉強をしたことのない僕にも、スラスラ読めてうなずくばかりの内容でした。 さてこの本の気持の良いところは、諦観からスタートしていて、少しも旧資本主義に執着していないところです。こうなったらじっくりと不景気と付き合いながらソフト・ランディングするしかない。さてどうしましょう、と極めてアッケラカンと現実を見ながら淡々と話しを進めています。そもそも僕自身はマルクス主義経済も自由主義経済もどちらも近代の欧米人が始めた壮大な実験に過ぎないと思っています。自由主義経済はどんどん進めていけばいい、知恵と努力でなんとでもなる、エンディングシーンはなし。それに比べてマルクス主義経済はエンディングシーンから入り、超頭のいいエリート君が指揮者のごとく指導して成立する世界観を提示しました。どちらも机上の空論だったが、東西冷戦で勝負は付きました。といっても資本主義経済が勝ったのではありません。社会主義経済のほうが、僅差で資本主義経済より先に自滅しただけです。追って資本主義経済も自滅するのは遅かれ早かれ、だったと僕は勝手に分析しています。実験は両方とも失敗だったとも言えるでしょう。