ysugie.com
韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が全く理解できない
先日、産経新聞の前ソウル支局長が、大統領のスキャンダル記事(記事の真偽は不明)を書いたことで、名誉毀損罪で当局に起訴され軟禁状態におかれるという騒ぎがありました。 一体ジャーナリズムをなんだと考えているのでしょう、この人は? 国際社会の常識として言論の自由、報道の自由を守り抜かなければならないのは、素人だって知っていること。言うまでもありませんよね。お隣の北朝鮮じゃあるまいし。一国の大統領ともあろう人がなんという恥ずかしいことをしてしまったのでしょう。 僕も業務で世界各国の報道機関のお世話をすることがありますが、とりわけ外国の報道機関に対しては国内の他局以上に気を使い、最大限に便宜を図るようにしています。日本は報道の自由のある文明国だということを、きちんとアピールしておくことは、外交上とても大切なことだからです。それを怠ると国際社会では野蛮国扱いされてしまいます。外国の報道機関をどう扱うかは、その国の言論の自由と人権の尺度として見られるのです。いやしくも日本の新聞社のソウル支局長ともなれば、外交官とは言わないまでも広い意味での外交に重要な役割を果たす立場であるといっても過言ではありません。互いにプレスという自由な立場どうしで、報道の自由を確かめ合い、国と国との親交を温めているのが文明国の常識です。 そんな人物をこともあろうに在宅起訴し、長期間にわたって軟禁、活動不能状態に追い込むとは、極端に言えば外国の大使を拉致監禁するようなもので(そんなことをしたら宣戦布告になってしまいますが)国際常識で考えてもありえないことです。 今回、加藤達也前支局長が書いたコラムは、たしかセウォル号の事故の晩に、パククネ氏が男性と密会していたとかなんとかいう、安物週刊誌レベルのスキャンダル記事だったという印象があります。誤報であってはいけませんが、仮に誤報であったとしても訂正謝罪すればいいことです。もちろパククネ氏にしてみれば気持ちの良いものではないでしょう。誤報なら大いに不快感を表しても良いかと思います。でもパククネ氏が一国の大統領という器の大きさをアピールするなら、「あはは、バカねえ、私が男となんか会ってるわけがないじゃない」と笑い飛ばすくらいの度量を見せても良いくらいではなかったかと、僕なんかは感じています。