ysugie.com
5月35日天安門事件から25年
なぜ今日の日付を6月4日と書かずに5月35日と書いたのか。それは「六四天安門事件」と書くと中国共産党の検閲によって中国国内のインターネットでは検索できず表示されないからだ。中国当局は事件があったことは認めているものの、詳細については闇に葬り去ろうとしている。これでは民主化が進むわけがない。 とりあえず「天安門事件」でググって下さい。と言いたいところですが、簡単に思い出しておきたい。完全武装の軍隊が自国の民主化運動のデモ隊に無差別に発泡し、公称300人以上、ニューヨークタイムスによると少なくとも400人から600人以上の虐殺を行った事件である。それが北京の天安門広場を中心に行われたから、そして25年前の今日、6月4日未明にピークを迎えたから天安門事件と呼ばれている。 よく勘違いされがちなのが、これが天安門広場だけで起こった数百人規模のデモだったというトンデモナイ誤解だ。日本人でも若い人たちの中にはそう思っている人もいるかもしれない。事件の半月前に戒厳令が出された時点で、日本政府は邦人を中国から退去させたし、CNNを除くすべての外国の報道機関も命の危険を考えて逃げ出したから、虐殺を正式に目撃した外国人は極めて少ない。しかし天安門の虐殺そのものは突然起こったものではなく、長期にわたる中国の民主化運動の高まりの結果、それを押さえ込む象徴のように行われた中国政府の行為なのである。 もちろん天安門広場だけではない。北京だけではなく上海など中国全土に100万人規模で広まっていた民主化運動のデモであった。まさに政権を握る党本部の在り方が問われ、国を二分するような状況が作り出されていたのだ。そのような政治的状況にあって軍隊の銃口を自国民に向けさせた行為は、人権侵害として世界中から猛烈に非難された。今でもことあるごとに中国が世界各国から「人権問題の解決を」という表現で改革を求められるのは、この天安門事件のことを暗に示しているというわけだ。