ysugie.com
ウクライナの内紛は全世界に飛び火しないと言えるか?
僕はそんなにロシア情勢に詳しいわけではないですが、素朴に考えてこのウクライナでの政変はただごとでは無い事くらいわかる。この美しいキエフの街を灰の山に変えてしまった内紛は、反政府デモという呼び名ではふさわしくないくらい武装化された軍事衝突に見えた。 それよりもなによりもウクライナという国のおかれている位置。EU圏とロシアに挟まれ、パイプラインも通る要衝だ。そのEU圏+米国がバックについている西部と、ロシアがバックについている東部の勢力同士の衝突だから、それだけでも世界規模の問題だという事が見て取れる。こう書くとまるで東西冷戦が復活してるかのような印象を与えるかもしれないが、あながち穿ったみかたとも言えないだろう。歴史をみればわかることだ。 ぶっちゃけ僕は東西冷戦は終わったりなんかしていないと思っている。ゴルバチョフによるペレストロイカから始まるエリツィンによるソ連崩壊は、東西冷戦の終了と歓迎され、まるでアメリカとロシアが手を組んだかのように世界はお祭り騒ぎだった。だがその実体はソ連が社会主義による経済の破綻により、勝手に崩壊しただけの話ではなかったのか?ソ連はロシアと名前を変えただけで、今や超長期政権のプーチンがロシア皇帝のように君臨している。アメリカとは戦争こそしていないものの仲は悪いままだ。連邦は崩壊したが周辺諸国との関係を見ると、ロシア圏というべき支配力を誇っている。何も変わっていないではないか。 そんなロシアがウクライナを押さえきれなくなってきたのが、今回の内紛の背景にある。このままもしウクライナが分裂することになれば、文字通り米ロ冷戦の火薬庫となるだろう。またもや世界が2つに分かれて第三次世界大戦にさえつながりかねない。もちろん日本を含めアジアにも一瞬で飛び火するだろう。ロシアは国連常任理事国の中でもとりあけ中国と歩調を合わせている。日本はもちろんアメリカ側だから、日米安保条約に基づいて中ロとの戦争が始まる。これは最悪のシナリオだが、ウクライナが分裂すれば瞬時に進行するシナリオでもあるのだ。 悲観的すぎると思われるかもしれないが、ウクライナの問題を対岸の火事だと思っている人は、世界のパワーバランスがこのような緊張関係にあることを思い起こしてほしい。そうすれば遥か遠いウクライナでの内紛が、実は日本にとっても身近なものであることに感じられることでしょう。