youmakemenavy.blue
映画『フォードvsフェラーリ』を観た感想!
今年の映画館始め! ということで観てきました『フォードvsフェラーリ』! 映画を頻繁に観るようになってまだ日は浅いですが、今まで観てきた中でもダントツで興奮した映画でした。 車の知識はさっぱりの自分でも、めちゃくちゃ熱く観れたこの映画の感想を書いていきたいと思います。 ネタバレはあり! 絶対に映画館で観るべき映画 実は自分、これまでIMAXというもので映画を観たことがありませんでして……。今回の『フォードvsフェラーリ』はなんとなく映像の迫力とかすごそうだな……、と思ってIMAXデビューを決断。それが大大大正解でした。 もちろん映像も抜群に良かったのですが、個人的にはなんと言っても音が良かった。野獣が唸るようなエンジン音、そして直に肌に感じるような車の操作音。そして興奮が更に増すよう拍車をかけるバックミュージック。もう最高だよ……。 ネタバレあり! っていってるので、これから観る人が読んでるわけないのだけど、絶対これは映画館で観るべき映画だと声を大にして言いたい。できればIMAXで。観た人たちは絶対に劇場視聴で未視聴者にオススメしましょう。 迫力のレースシーン、そしてマイルズの減速に心打たれる そんなこの映画の見どころといえばなんといっても大迫力のレースシーン。極力CGを使わずに撮影したというから驚きです(だからこそとも言えますが。ちなみにクレジットのスタントの数がすごかった……)。次の瞬間に何が起こるか予測のつかない、時速300キロ超えのカーレースの世界を見事に表現しているなと思います。 レースシーンではありませんが、シェルビーがマイルズ出場のために打った博打、フォード2世を助手席に乗せての爆走シーンもとても印象深かったです。自分たちみたいな一般人が乗ったら、まんまフォード2世みたいになっちゃうんだろうなと。笑 絶対泣いちゃいますね。