yakyu-blog.com
2019年のオリックス投手陣の最適運用を考える:外国人先発3枚の必要性(2018年12月10日) | 野球のこととかを書きたい。
シーズン約1300イニング分を誰が投げるか? 先発が全体的に不足しているという難題の解決策を、この記事では提示したい。 はじめに2018年シーズンを振り返ると、先発が投げたイニングが825回2/3、 リリーフが投げたイニングが467回であった。つまり、全体の約63.9%しか先発投手がイニングを稼げていない。これは9イニング換算すると、5.75回しか先発が投げていなかった、ということになる。(延長戦