yakyu-blog.com
2018年オリックス中継ぎ陣の酷使まとめ(2018年12月27日) | 野球のこととかを書きたい。
2018年のオリックスが防御率リーグ1位を記録した陰で、おそろしい酷使があったことを忘れてはいけない。 1.登板データ まずは表で数字をまとめてみる。(私が手集計したデータなので、正確性に欠ける可能性が高い。) 改めて眺めて、福良の異常さ(無能さ)が浮き彫りになる。 多くのピッチャーが143試合換算で70試合前後投げるペース。吉田は80試合ペース、山田にいたっては90試合弱のペース。(やはり阪神・久保田の記録90試合登板はアンタッチャブルだ。。) シーズンを通して登録されていたのは増井のみ。 全体的に登板数に対して連投の割合が高い。つまり、登録しては使い潰し、代わりを見つけてはまた・・・という繰り返しだった。 先発を引っ張る、第2先発を用意する、といった工夫を一切見せないまま1年間を酷使で乗り切った。(いや、乗り切っていないか。) 中継ぎ陣を酷使して滅茶苦茶にして去っていった福良の顔は二度と見たくないと思う。 2.酷使グラフ 以下、本ブログ独自の酷使グラフを並べる。 赤色のデータは被OPS(実線:シーズン累計、破線:ゲームごと)で、左軸で示した。 青色のデータが前10日間の投球数で、右軸で示した。また、前10日間の登板数もデータ横にプロットした。 また、緑色の◯が、酷使エリアである。 2−1.吉田一将 酷使の度に調子を崩している。どの投手にも言えるのだが、酷使の後、少しラグがあって成績悪化が表れている。 2回目の酷使で一気に調子を崩し、絶不調目の中、3回目の酷使のピークへ。 そのまま登録抹消されるも、その後も本調子には戻らず。 この吉田の年俸が3000万円→3900万円という査定は私には信じられない。 2−2.山本由伸 回跨ぎがなかったことと、出番が8回に限られていたこと、3連投がなかったこと、シーズン序盤は圧倒的に抑えるため球数がかかっていなかったこともあり、比較的酷使に耐えた。 しかし、2回目の酷使の後、成績が一気に悪化。 登録抹消されるも、調子が戻らないまま再度酷使に遭い、シーズン最後の登板で炎上し抹消される。(脇腹痛のため。) 2−3.近藤大亮 シーズンを通して終始不安定な成績であった。2017年シーズンの酷使の影響もあったと思われる。直近の登板頻度が高いと成績が悪化する傾向が非常に強いので、以下のいずれかを提案したい。 ・先発転向