yakyu-blog.com
FA制度の抜け穴:投手にFA権を取得させない方法から、FA制度の改善を考える(2018年12月23日) | 野球のこととかを書きたい。
記事タイトルが非常に邪悪な感じ 「投手にFA権を取得させないなんて、なぜそんな邪悪な記事を書くのか!?」とドン引きの人もいるかもしれないが、私としては単に投手にFA権を取得させない方法を思いついたので書きたい、というただそれだけのことである。つまり、純粋な好奇心から書くだけであり、日本国憲法で保証されている「表現の自由」に当たると思っている。 また、野手ではなく、「投手にFA権を取得させない」と書いてある時点で、私が何を言わんとしているかピンと来た人もいるかもしれないが、FAに関する様々なルールを考慮しながら執筆しているので、是非読んでいただきたい。 1.はじめに:FA権の取得ルールについて FA権の取得に関するルールをまずまとめるが、いかんせん長いので、ある程度知っている方は読み飛ばしていただいて問題ないと思う。ただし、あとで細かな点も含めて参照するので、青字の部分だけは抑えておいてもらいたい。 以下、NPBのホームページより抜粋。 FAになるには セ、パ各リーグの選手権試合期間中に145日以上出場選手登録されたシーズンを1シーズンとして計算し、合計8シーズンに達したときに「国内FA」となる資格を取得する。 (ただし、2007年以降のドラフトで入団した大学生・社会人選手は、7シーズンで資格を取得する。) 出場選手登録日数が145日に満たないシーズンがある場合は、それらのシーズンの出場選手登録日数をすべて合算し、145日に達したものを1シーズンとして計算する。 ①故障者特例措置 前年度に出場登録日数145日を満たした選手が、2月1日から11月30日までの間に発生したグラウンド上での故障、けがで登録抹消となったため、登録日数が145日に満たなかった場合、特例措置適用の対象となる。 加算はけがで登録抹消となった日から2軍公式戦に出場した日までとし、最大で60日までとする。 ②投手の登録日数加算に関する特例措置 先発ローテーション投手と球団が判断した投手については、開幕日から7日以内に出場選手登録された場合は、開幕日から登録されたものとみなす。