yakyu-blog.com
ペナントレースでの「理想の勝ち方」を考える(2019年6月16日) | 野球のこととかを書きたい。
この記事でいう「理想の勝ち方」は、「全力をあげて勝ちにいく試合」と「負けてもいい試合」を明確にし、一年のペナントレースで最適な力配分を明確にすることである。 つまり、以下で具体的に述べるように、同じ1試合であっても重み(価値)が異なるから、ただ漫然と143試合を同じようなペースで戦うのは悪手であることを明確に認識し、1年の戦い方をしっかりと考えなければいけないということだ。 1.ホームとビジターは