yakyu-blog.com
ゲーム感想と吉田への守備シフト(20190331 オリックス vs 日ハム) | 野球のこととかを書きたい。
今日は典型的な負け試合だが・・・ 榊原がイマイチな時点で、負け試合の展開になるのはしょうがない。(前日までに中継ぎ投手を使いすぎて今日は投入することができないし、榊原と一蓮托生なゲームであった。) 以下、今日のゲーム感想や今後の改善点を述べる。しかし、せっかくの開幕3連戦だからしっかり見ようと時間をとったのだが、どれもいいゲームではなかったなあ。残念。(まあオープン戦の終盤の時点である程度、なんとなく予想できてはいたが。。) 1.榊原は大丈夫か? コントロールがばらつき、ボール先行のピッチングが多い。抜け球も多いし、本来であればここまで制球に苦しむ投手でもないと思う。オープン戦で一度最高のピッチングをしてからは、ずっとこんな感じだ。 私は、榊原のコンディションに何か問題があると思っているので、次回の榊原の先発はスキップしてあげて、最短でも中10日の登板とする事を提案したい。何より、長いイニングを投げられない状態が続くのであれば、中継ぎがとてもではないが保たない。本人のためにも中継ぎのためにも、一度登板をスキップするべきだ。 2.吉田に対するシフトについて 日ハムは、吉田に対して極端なシフトを敷いてきていた。サードが一二塁間の内野後方で守るというものだ。したがって、サード方向がガラ空きである。このシフトについて、私が思うことを述べたい。少し批判めいてしまうが、ご容赦いただきたい。 いやいや、三塁線にバントしないの?? 三塁線に強めにバントをしたら確実にヒットになる状況だ。三塁後方まで転がせば、2ベースにもなるかもしれない。それなのに、なぜバントしないのか?バントを続けることで、このシフトだって止めさせることもできるわけだし、毎打席単打が期待できればOPSは2.000にまで届く。 野球は必ずしも「自分のバッティング」をするスポーツではない。ノーマルな状況ならば、自分のバッティング(自分の一番良い形の打ち方)をすることがチームのためになる。しかし、極端なシフトが敷かれている場合や、ランナーを進塁させることが重要な場合は、チームの勝利のために取るべきアプローチは異なる。それが野球というチームスポーツだろう。