yakyu-blog.com
ゲーム感想(20190330 オリックス vs 日ハム) | 野球のこととかを書きたい。
ちゃんと考えているのだろうか、疑問。 昨日の開幕戦から、なぜ中田にストレートを痛打され続けてしまうのか?開幕戦の満塁ホームランもストレート、本日の2ランホームランもストレート、9回の同点2点タイムリーもストレート。 中田は、どの打席を見てもかなり真っ直ぐに張っているし、逆に打ち取った打席はボール球(高め)の真っ直ぐか変化球ではなかっただろうか。そんな中、なぜ中田に真っ直ぐを痛打され続けるのか?私は我慢ならない。バッテリー、特にキャッチャーはちゃんと考えているのか?外に構えたボールが真ん中に入ったからピッチャーの責任、という話では全く無い。真っ直ぐで抑えたいのなら、インコースやボール球も使って幅広く攻めなければならないだろう。この2試合の配球は信じられない。 2試合して気づいた問題点 以下、開幕してわずか2試合ではあるが、改善すべきと強く思われる点をまとめた。 1.進塁打がほとんどない 以下の3本しか進塁打が無い。 開幕戦の初回1アウト1,2塁から、小田のファーストゴロで2アウト1、3塁に 開幕戦の3回1アウト2塁から、小田のショートゴロで2アウト3塁に 2戦目の10回1アウト1塁から、小田のピッチャーゴロで2アウト2塁に 何かの見間違いかと思ったかもしれないが、そう、全部小田なのだ。小田はホームランやヒットも打っているだけでなく、凡退でも進塁打を打てているし、非常に貢献が大きい。私は福田、小田の1番、2番を見てみたい。 逆に、これまでの0、1アウトで3塁にランナーがいる打席で、犠牲フライや内野ゴロでランナーが得点できたことが無い。いわゆる「最低限」が全く無い(=0/2。2戦目8回1アウト2、3塁から吉田凡退、2戦目9回0アウト2、3塁から伏見三振。)特に伏見の打席はただ振り回しただけであり、残念だった。 打てないのは仕方のないことかもしれないが、チームバッティングができないのは、何か勘違いをしている選手が多いのではないだろうか。 2.安達は良いところが見えない 現状、安達はチームに貢献できていない。開幕戦、2戦目ともに送球エラーがあり、打つ方も四球一つを除き貢献がないし、2アウト3塁でセーフティバントをするレベルの打力だ。これで大城にスタメンのチャンスを与えないのであれば、ただの贔屓起用だ。健全な競争をしてほしい。 3.近藤に外で勝負しすぎ