yakyu-blog.com
なぜ勉強が必要なのか:教育のあり方について(2019年5月13日) | 野球のこととかを書きたい。
「●●なんて将来大人になってから全く使わないのに、なぜ勉強しなくてはいけないのか?」という疑問 勉強が嫌いな子供がよく使いがちだが、このフレーズはかなりよく耳にする。「●●」に入るのは、「数学」とか「世界史」とか「古文」とかの科目から、「三角関数」とか「フランス革命」とか「万葉集」のような具体的な内容まで、色々な場合がある。 これを聞くと私は「ごちゃごちゃ言う暇があったら勉強しなさいよ」とつい言いたくなってしまうが、この問題提起に今、自分なりの答えを書きたいと思う。 というのも、「将来使わないようなことを、なぜ勉強するのか?」という疑問に対する答えを持っている人は少なく、その結果として、きちんと物事を考えられる人が世の中に決して多くないのではないかと思うからである。 1.もし「将来使わないことを勉強するのは無意味だから止めよう!」となったら・・・ もしそんなことを言う人が文部科学大臣になったら、学校で一体何を勉強することになるのだろうか?おそらく、現行の教科で「生き残る」のは、 国語(日本語)、算数(四則演算レベル)、社会(地理、公民)、家庭(裁縫、調理)、保健体育、英語(基礎) くらいなのではないだろうか。そして逆に、大人になってから「生活していくために」共通的に使うであろう事柄として、以下のような科目が必要になると思われる。 一般教養、身だしなみの整え方(化粧など)、パソコンスキル(メール、Microsoft Officeなど)、車の運転、自転車の漕ぎ方、各種家電用品の使い方 普通に生活していくための知識だけを勉強すればよい世界では、これくらいに内容を絞れる。おそらく、学校は週3日も通えば十分だ。残りの時間は遊んでもいいし、興味のあることに時間やお金を費やすことができるだろう。例えば、プロ野球選手になりたい子供は、とことん野球を練習したり観たり、、、というような時間の過ごし方ができる。 しかしこういった教育しか提供されない社会になったとしたら、その社会は発展するだろうか?私は発展しないと思う。むしろ、現状維持すらできないと思う。