yakyu-blog.com
常勝チームの作り方の理論を考える(2019年5月12日) | 野球のこととかを書きたい。
この記事の趣旨は、強いチームを作るために何を具体的にどうすべきか、という理論を示すことだ。つまり、 ・長期的(数年単位以上)に ・安定していて ・勝率が高い 常勝チームを作るにはどうするかを考える。究極の目標は「強いチームの作り方の教科書となる」ことであり、兵法書で言えば「孫氏」的な存在を目指す。 以下、「常勝チーム10箇条」を述べるが、その前にまず序文を著す。 また、この記事はあくまで理想を述べるものであり、「こういうチームになるよう努力しましょう」というものだから、今現在の12球団に必ずしも当てはまるものではない。 0.序文:長期的に強いチームに共通の点 序文その1:ブルペンが安定していること。 優勝するようなチームは、「6回終了時点でリードしていればほぼ勝てる」という共通項があるように思う。実際、そういうブルペンを持つことは、非常に重要である。なぜならば、「試合を逆算できる」からである。 勝つまでの展開を逆算できると、効果的に選手を起用することができる。例えば中盤の「ここで点が取れれば試合が決まる」という場面で代打を起用することができる。中継ぎが弱いと勝負どころが何時になるかわからないので、そういった思い切った手は打てなくなってしまう。実はそれが一番勝率を高める手段であったとしても、だ。 また、同じ1点であっても、対戦相手に与える重みが完全に異なってくる。例えば、単打で1点が取れる状況になったとき、その1点が勝敗に直結する場合、相手には非常にプレッシャーになる。したがって、中継ぎが盤石のチーム相手に、先頭バッターの四球は絶対に出したくない。→甘いボールが来る確率が高まる。→ランナーが出たあとも慎重な投球が続く。・・・と、いい事づくしである。 ただし、ブルペン頼みの野球は、長続きしない。ブルペンに負担がかかり続けるとどこかが崩壊し、その部分的崩壊がさらなる崩壊(負担の増)を招く。これは、福良監督時代のオリックスの野球も見続けてきた私が言うのだから、間違いがない。 序文その2:打線が強く、安定して点が取れること。攻めのバリエーションが豊富であること。 当然、野球は点をたくさん取ったチームが勝ちなのだから、打線が強力であることは重要だ。点差をつけることが投手の負担減にもつながり、チームの長期的安定にも大きく繋がる。