yakyu-blog.com
オリックス投手陣の捕手別成績データ(2018年全体) | 野球のこととかを書きたい。
バッテリー毎の成績 2018年シーズンのバッテリー毎の成績をまとめてみた。シーズン当初からこのデータはまとめてきており、それぞれ以下のタイミングで記事にも投稿してきたが、とうとうここまでたどり着いた。 ●「伊藤・若月論争」についての考察と検討(2018年オープン戦比較) ● 2018年4月22日時点でのオリックス投手陣の捕手別の成績指標 ● オリックス投手陣の捕手別成績(2018年5月19日まで) ● オリックス投手陣の捕手別成績(2018年6月9日まで) ● オリックス先発陣の捕手別成績を考える(2018前半戦データ) ● オリックスの中継ぎ投手陣の捕手別成績を考える(2018前半戦データ) ● オリックス投手陣の捕手別成績(2018年9月2日まで)「若月・山崎の比較と来シーズンに向けて」 これまでのまとめと異なるのは、<先発投手>と<それ以外>という分析軸を用意したことである。(2.先発とリリーフの比較) 1.チーム全体 ・チーム全体の被OPSは .702という結果になった。(オリックス攻撃陣のチームOPSは .673(12球団最下位)であるから、勝てないチームであることは明確だ。)また、オリックス野手陣と対戦しないでこの成績は、立派であると言える。 ・捕手毎の割合はイニングで言うと、若月64%、山崎26%、伏見5%、伊藤4%、飯田1%である。若月と山崎のふたりで90%と考えると、確かに今シーズンはそれくらいこの二人がマスクを被ることが多かった。 ・若月、山崎で比べると、被OPSは若月のほうが優秀だが、防御率では数値が逆で山崎のほうが優秀である。 ・WHIPはほぼ同等であることからも、山崎のほうが長打を浴びる割合が高いのだろう。事実、若月は11.5イニングに1被ホームランというペースだが、山崎の場合は8.7イニングである。 ・しかし防御率は山崎のほうが優秀であるという事実が示すのは、大事な場面(ピンチ)で長打を浴びるかどうか、の差だろう。その点では山崎のほうが優秀なキャッチャーであると言える。 2.先発投手とリリーフ投手の比較 次に、先発投手のみと、リリーフ投手のみとで、成績を分解してみよう。 ・先発投手の平均被OPSは .711、リリーフ投手の平均被OPSは