yakyu-blog.com
オリックス打者陣の「目に見えない貢献度」を考える② 〜「最低限率」〜 | 野球のこととかを書きたい。
よく、実況や解説の人が、「ここは最低でもランナーを進めたい」とか「最低でも3塁ランナーをホームに還したい」というが、「最低限」はそんなに簡単なことなのだろうか?というのが発端だ。 というわけで、昨日の投稿:「オリックス打者陣の「目に見えない貢献度」を考える(2018年6月22日まで) 〜打席当たり投球数と併殺打率〜」に続いて、目に見えない数字、第2段:「最低限率」を調べてみた。 「最低限率」とは私