yakyu-blog.com
オリックスの崩壊の原因と改善策を考える:「完全出来高制を導入せよ」(2018年12月9日) | 野球のこととかを書きたい。
2018年オフは、オリックスファンの精神力を一気にそぎ落とすような出来事が、いくつも続いた。 1.西村さん監督主任 → 代わり映えせず、イマイチな印象(つまらない) 2.中島退団 → まあ耐えられる(ある程度痛いが、強がれる) 3.浅村お断り → 笑うしかない(クリティカルヒット的ダメージ) 4.金子退団 → 非常にショッキング(悲しい) 5.西退団 → 死体にムチ打ち(先発が足りないという絶望) ここまで悲惨なオフになるとは、さすがに想像しないというか、「また試されてしまったか」という一種の不思議な気持ちになる。変な言い方になるが、これまで長いことファンをやってきた私だ。これしきのことでファンを辞めるわけもないが、さすがにダメージは小さくない。 正直、2000年代前半のブルーウェーブ暗黒期よりも、今は辛いかもしれない。なぜかというと、流出ばかりで、先が見えないからだ。だからこそ、昨年FA入団してくれた増井のことは本当に忘れない。 こんなことには二度となって欲しくないので、この記事では原因を考察しながら、今後の改善策を考えたい。 1.はじめに:2014年からの戦力がほぼ絶えた 優勝まであとわずかだった2014年の面々で、来年2019年もオリックスにいる選手を数えたところ、以下の17名であった。 そのうち、2014年シーズンに活躍した選手に●、2019年シーズンに活躍がまあ期待できる選手に●を付けてみた。ここでいう「活躍」とは他球団のレギュラークラスの選手と比べて同等の貢献か?という主観的な(期待値込みでの)基準だ。 ・T-岡田 ● ● ・ディクソン ● ● ・吉田一将 ● ● ・安達 ● ・比嘉 ● ● ・岸田 ● ・松葉 ● ・東明 ● ● ・山田 ・海田 ・塚原 ・伏見 ・若月 ● ・小島 ・後藤 ・宮崎 ・武田 こんなまどろっこしいことをして、何を主張したいのかというと、2014年チームにあった、戦力という「財産」がほとんど残っていないということだ。しかも、●をつけた選手(=2019年シーズンの活躍を期待する選手)でも「一流」の成績を残すことが期待される選手は、正直一人として見当たらない。つまり、2014年のチームの原動力となった主力が残っていないのだ。 その要因は何かというと、以下のように分解できる。 ①流出: 糸井、平野、西