y38.org
アクセルの踏み間違え
若者から老人まで、オートマでのアクセルとブレーキの踏み間違え。 これをどうすれば解決できるか、少しだけ考えた。 ひとつ、自動車学校で、オートマにもマニュアルの所作、クルマの仕組みを根本から理解させること。 二つ、自動車学校で左足ブレーキを教えること。 みっつ、すべてのオートマ車からクリープをなくすこと。 クリープを無くせば、今どっちのペダルを踏んでるかわからなくなることがない。 進むのは、あくまでアクセルを踏んだ時だけになってないことが、間違い。 そもそもアクセル踏んでないのに勝手に進むのがそもそも危険極まりない。 そこで。 クリープを無くしたクルマは動き始めにギクシャクしてしまうだろう。 そこで左足ブレーキ。 マニュアル車でクラッチをゆっくり繋ぐように、 オートマでは、左足ブレーキを踏んだ状態から発進する。 左でブレーキを踏んだまま、アクセルを右足で踏みはじめる。 じわじわと左足をあげていき、アクセルオンしていく。 クラッチで発進するのと同じ所作。 これで、常に止め、から発進、というあいまいにされていた動作がしっかりとした役割を持つ。 ついでに、現代のクルマに設定されてることが多い、 アクセルとブレーキを同時に踏むとエンジンが絞られるという悪い設定もなくしてほしい。 このように、オートマでもクラッチを繋ぐように発進操作することで、誤操作は減ると思うのだが。 まだこの方法には問題がある。 高齢者は馴染めないだろうし、 左足ブレーキを使う方法はこれから免許をとる人にしか広まらないかもしれない。 でも、オートマにマニュアルの所作を、という一番手のかからないやり方ではないだろうか。