umurausu.info
感想メモ:仕事力が上がる睡眠の超技法 | 読書メモ保管所:うむらうす -annex
仕事力が上がる睡眠の超技法――これで「集中力」「切り替え力」が冴えてくる菅原 洋平祥伝社 2013-11-02¥ 1,404Amazon.co.jp で詳細を見る ★★★★☆ 睡眠が健康に大事なのは、 頭ではわかっていることだろう。 しかし、どうすれば質の良い睡眠を 得られるかについては、 あまり理解されていないようだ。 眠っていなくても寝床で横になっていたほうが体が休まる 睡眠時間は30分、1時間単位で増やさなければいけないと思っている 寝つきが悪く睡眠時間が短いので、できるだけ早寝をする いつも眠いのは睡眠が足りないせいだから、休日は昼頃まで眠っている 規則正しい生活のために、就寝時間をそろえている これらはすべて間違いです はい。上から2つは、正しいと信じてました。 睡眠不足の弊害は、 どんなところに現れるのだろうか。 集中力とは、 「無関係な情報を無視し続ける力」 と定義づけられます。 なるほど! 気が散るということは、 集中力が下がってるということか! 「落ち着いてからまとめて処理しよう」 と作業を後回しにするときは、 脳内の注意エネルギーの配分が 乱れているサインです。 なるほど! 注意エネルギーの配分乱れてるかも! どれもこれも、睡眠不足のせいだ! では、睡眠の質を上げるには? ヒントは以下の通り。 ステップ1 眠りに関係ない物を寝床に持ち込まない ステップ2 睡眠効率を85%以上にする ステップ3 起床時間をそろえて15分でも早寝をする 起床6時間後、日中の眠気の前に目を閉じる… 起床11時間後、夕方は姿勢を良くする… ちょっと意識して生活してみよう。 他にも、睡眠に関する小ネタが色々と得られた。 夜中になると脳の活動は低下していきます。 すると、実際にはお腹はすいていないのに、 脳が勝手にエネルギー不足だと判断し… 「小腹が空いた」「なんか口さみしい」 と感じるのです。 レム睡眠に差し掛かると、 体のまわりに注意が向けられます… なんらかの物が置いてあると、 そのものに注意が向けられて 目が覚めるということが起こります 起床時間を3回唱えると スッキリ起きられる 普段から睡眠の絶対量が確保できていると、 お腹が空いても我慢できることが 知られています… 睡眠不足によるパフォーマンス低下は、