umurausu.info
感想メモ:修身教授録 | 読書メモ保管所:うむらうす -annex
修身教授録 (致知選書)森 信三致知出版社 1989-03-01¥ 2,415Amazon.co.jp で詳細を見る ★★★★★ 昔の日本人は、今の日本人が失いつつあるものを 持っていたように思う。 逆ももちろんあるのだろうが、失った部分ものの中に、 とても大事なものがあるような気がする。 それは、過去に日本を訪れた外人が、 驚きをもって本国へ伝えた言葉に含まれるようなもの。 それは、果たして現在にも言える言葉なのだろうか? ふと考えてしまう。 その根底にあるのは日本文化の流れ。 それを伝えてきたものの一つが「修身(道徳)」という 科目であったように思う。 今の教育の現場で、どういった授業が 行われているのかは知らないが、 この「修身教授録」は、その中でも 特上のものであることは間違いない。 「人生二度なし」など、 襟元を正さざるを得ない言葉が並ぶ。 かく自分に対して必然的に与えられた事柄については、 ひとり好悪の感情をもって対しないのみか、 さらに一歩すすめて、これを「天命」として 謹んでお受けするといつことが大切だと思うのです。(p13) 平素自分が受けている恩恵については、 その程度が深いものほど、かえって容易に 気付きがたいのが常であります。(p25) かくして人生の根本は、何よりもまず真の志を 打ち立てるところに始まるわけであります。(p54) 真に志が立ったら、自分に必要な一切の知識は、 自ら求めて止まないからであります。(p92) われわれの人間生活は、その半ばはこれを読書に費やし、 他の半分は、かくして知り得たところを実践して、 それを現実の上に実現していくことだとも言えましょう。(p63) 人間の生涯を通じて実現せられる価値は、 その人が人生における自分の使命の意義を、 いかほど深く自覚して生きるか否かに 比例するとも言えましょう。(p91) 人間は自ら気付き、自ら克服した事柄のみが、 自己を形作る支柱となるのです。(p134) われわれが気品のある人間になるためには、 何よりもまず根本のこころの曇りを 払うようにしなければならぬ… しかしさらに大切なことは、慎独、 すなわち人間がただ一人いる場合にも、 深く己れを慎むということです(p332) 人間の性格上の問題としては、