team-pcs.org
【コラム】階段を上るときに気をつけたいこと | Team-PCS
身体や動きの上達のコツは、 「いかに日常の動作をトレーニングにするか」 ということになります。 そこで今日は、 階段を上るときに気をつけたいこと についてお話します。 階段を上る動作を意識する 階段は、身体の使い方のトレーニングとして、 かなり役に立ちます。 脚を上げるときにどこに力が入っているか、 体重はどこにかかっているか、 背中が丸まっていないか・・・ 階段を上る動作を意識してみましょう。 斜め上を見る 階段を上るときは、視線を斜め上に向けます。 こうすることで、身体の軸ができ、楽に上れます。 逆に、前や斜め下見ながら階段を上ると、 頭が前に出て、膝に負担がかかる上り方に なりやすいです。 つま先を少し外に向け、膝の向きも揃える つま先の向きにも気をつけましょう。 つま先が内側を向く、つまり内股では、 大腰筋が働きにくくなるため、 太ももの前の筋肉を使うことになり、 疲れやすくなります。 →【コラム】大腰筋(3) 大腰筋をうまく使うコツ1 また、つま先が外を向いていても、 親指に体重をかけ、膝が内を向いていると、 これも膝に負担がかかってしまいます。 つま先は、心持ち開く。 つま先と膝は、同じ向き。 ということに気をつけてみてください。 まとめ 階段を上るときの身体の使い方のコツについてお話しました。 階段を上る動作を意識する 斜め上を見る つま先を少し外に向ける つま先と膝の向きを揃える 先日、演劇関係で身体の使い方に詳しい方に お話を伺う機会がありました。そのときに、 「階段を下りるように上る」 「階段を上るように下りる」 というイメージで大腰筋を使いやすくなる、と 教えていただきました。 禅問答のようで難しいかと思いますが、 興味がある方はチャレンジしてみてください。