team-pcs.org
【コラム】胸鎖乳突筋のゆるめ方(2)胸鎖乳突筋と心のつながり | Team-PCS
胸鎖乳突筋は、首の側部にある筋肉です。 この筋肉の不思議なところは、 心とのつながりがあるところです。 精神的に落ち込んでいるときなどには、 この胸鎖乳突筋も異常に緊張している場合が あることが知られています。 なぜでしょうか? 胸鎖乳突筋と自律神経 胸鎖乳突筋は、脳神経の一つである「迷走神経」と 強いつながりがあります。(*1) 「迷走神経」は、胃や腸など、 多くの内蔵の働きを司るものです。 また、リラックスしたときに働く 自律神経(*2)(副交感神経)でもあります。 (→迷走神経 - Wikipedia) まずは、 「胸鎖乳突筋は精神のバランスを保つ 自律神経との関係が深い」 と考えてください。 胸鎖乳突筋が異常緊張してしまうと…? 胸鎖乳突筋は、デスクワークが多い現代人は、 特に負担をかけやすい筋肉です。 首が前に出た状態のままで長時間作業をすると、 5kgもある頭を支えるために、 首の筋肉はずっと緊張したままになります。 この胸鎖乳突筋の異常緊張が続くと、 何が起きるのでしょうか? 胸鎖乳突筋の異常緊張は、 自律神経である迷走神経にも影響を及ぼします。 この結果、胃炎や胃酸過多、下痢や便秘、耳鳴り、頭痛など、 自律神経失調症などで見られるような症状を伴う ことがあります。 また、胸鎖乳突筋は顎の側面を通ることから、 顎関節症にも関係することがあるようです。 →不思議なり!胸鎖乳突筋: 整体師のひとりごと →不思議なり!胸鎖乳突筋 その後: 整体師のひとりごと このように、胸鎖乳突筋の異常緊張は、 自律神経のバランスにも影響を及ぼすのです。 胸鎖乳突筋をゆるめるには? 胸鎖乳突筋は、細い首にある繊細な筋肉ですから、 グイグイと押すような、刺激の強い処置は良くありません。 ですので、処置が難しい筋肉でもあります。 前回お話しましたように、 胸鎖乳突筋を直接刺激するよりも、 周辺部からアプローチする方が安心です。 →胸鎖乳突筋のゆるめ方(1)まずは周りから また、首を前後、左右、回転など、 ゆっくりと動かすだけでも効果があります。 ただ、力をこめて動かすのではなく、 あくまでゆっくりと、軽く、動かしてください。 まとめます。 ・胸鎖乳突筋を支配する副神経は、自律神経との関係が深い ・胸鎖乳突筋の異常緊張は、自律神経失調症のような症状を伴うことがある