team-pcs.org
【コラム】ストレッチのコツ(1)ストレッチで誤解されがちなこと | Team-PCS
ストレッチとは、言葉の通り 「筋肉を伸ばす」ことです。 筋肉は異常があると縮みます。 伸ばされた筋肉は血流が促進され、 正常な動きを取り戻します。 このためストレッチには、 様々な役割があります。 運動前のウォーミングアップ 運動後のクールダウン 体の柔軟性を高める(柔軟体操) などが主なものです。 今日は、ストレッチについて、 誤解されがちな常識?について お話します。 ☆痛くてもガマンする? ストレッチは痛い方が効くと、 痛みをガマンしていませんか? しかし、残念ながら、 痛みをガマンしたからといって 体が柔らかくなるわけではありません。 痛くない範囲でも、 筋肉がきちんと伸ばされていれば、 ちゃんと効果はあるのです。 むしろ、痛みから逃げようとして、 背中が曲がったりして、姿勢が崩れてしまうと、 伸ばそうとしている部分が きちんと伸びなくなりますので、 ストレッチの効果が減ってしまいます。 ストレッチは、 正しい姿勢で、痛くない範囲で行う ことが重要なのです。 ☆ストレッチは長くやるほど効果がある? 最近は、同じ姿勢でのストレッチで 効果が上がるのは40秒までで、 それ以上続けると、筋肉に疲労物質がたまり、 効果が薄れてしまうという説もあります。 筋肉を無理に長時間伸ばそうとすると、 オーバーストレッチになり、 むしろ筋肉を痛めてしまいます。 それでは元も子もありません。 ☆反動をつけた方が効果がある? これはよく言われていることですが、 反動をつけると、筋肉や腱に必要以上に 無理な力がかかってしまいます。 これも筋肉を痛める原因となり、 良いことではありません。 また、反動に耐えようと筋肉を固めるため、 肝心の伸ばそうとしている筋肉ではなく、 別の筋肉を伸ばしてしまったりもします。 ストレッチは、楽な範囲でやればOKなのです。 -------------------------------- まとめます。 ストレッチのコツです。 痛くない範囲で、正しい姿勢で行う 長くやりすぎない。40秒までが目安 反動はつけない 痛みとは、体が 「そうしないように!」 と発している警告です。 ストレッチに無理は禁物です。 痛くない範囲で、正しい姿勢で行いましょう。 Fujimoto →ストレッチのコツ(2)楽な方を多くやる(操体法)