team-pcs.org
【コラム】胸鎖乳突筋のゆるめ方(1)まずは周りから | Team-PCS
胸鎖乳突筋は、鎖骨と、頭蓋骨の耳の後ろの 乳様突起をつなぐ、首の左右側面にある筋肉です。 この筋肉が凝ると、精神的に抑圧された感情に なってしまうことが知られています。 (→胸鎖乳突筋のゆるめ方(2)胸鎖乳突筋と心のつながり) 胸鎖乳突筋は首にある筋肉なので、 あまり乱暴に力を入れて扱うことはできず、 ゆるめるのが難しい筋肉です。 この胸鎖乳突筋をゆるめるには、 どうすればよいのでしょうか? まずは首の周りから 胸鎖乳突筋が凝っていると言っても、 首だけが凝るわけではありません。 むしろ、周囲の胸、頭の凝りが 原因となっていることが多いです。 逆に言えば、胸や頭の凝りが解消することで、 首の筋肉もゆるむことができるのです。 そこで、いきなり首の筋肉には触らずに、 周囲の筋肉からほぐしていきます。 鎖骨の周りをゆるめる 首が凝っている場合、鎖骨の下のくぼみを 鎖骨に沿って押していくと、 強い痛みを感じることがあります。 その場合、あまり強く押さずに、 鎖骨の下を軽く押さえた状態で、 鎖骨と同じ側の肘を上げたり下げたりします。 このとき肘は90°ぐらいに曲げ、 手先は逆の脇の下あたりに置いておきます。 難しければ、鎖骨の痛む部分を軽くおさえた状態で、 顔をゆっくりと上や斜め上を向けるだけでもOKです。 鎖骨から首の皮膚が伸びるのを感じて下さい。 (強く伸ばしすぎる必要はありません) 耳をゆるめる 胸鎖乳突筋は、鎖骨から始まって、 耳の後ろの乳様突起につながっています。 そこで、耳の後ろの平らな部分に手のひらを当て、 円を描くように軽く動かします。 凝っている部分は動かすと痛みますので、 痛まない範囲で軽く動かせばOKです。 耳を引っぱって、上下左右にゆっくり動かすのも良いでしょう。 つかむのは、耳の外側よりも、根元に近い部分にします。 頭が凝っていなければ、強く引っぱっても気持ち良いだけらしいですが、 普通は痛むと思いますので、引っぱるのは軽くにしましょう。 ここまで、胸鎖乳突筋自体には触れていません。 しかし、首の筋肉も、かなりゆるめることができます。 「原因と結果」のコラムでお話したように、 ある筋肉が凝っているとしても、その筋肉自身が原因なのではなく、 周囲の歪みの蓄積が、弱い部分に現れただけである場合も多い のです。 首は、5kgもある頭を支える部分です。