sports-tr-link.net
スパーリングテストってどんなのでしたっけ?☆スポーツ傷害-1問1答-☆第3回
※日本体育協会アスレティックトレーナー専門科目テキストを参考に出題。 【問題】 バーナー症候群に関する記述で正しいものはどれか。 (1)「引き抜き損傷」では引き抜かれた神経も比較的短時間で回復するため、永続的な麻痺となることはない。 (2)ストレッチ損傷では頭頚部の側屈と同側に、神経根圧迫損傷では反対側の上肢に放散痛が出やすい。 (3)脊柱管狭窄症の既往はリスクファクターになりやすい。 (4)ストレッチ損傷では、スパーリングテストが陽性となる可能性が高い。 ※解答は下です。 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ 【解答・解説】 正解: (3) 解説: (1)「引き抜き損傷」では引き抜かれた神経も比較的短時間で回復するため、永続的な麻痺となることはない。 →単なるストレッチ損傷ではなく、強大な牽引力で神経根が脊髄から引き抜かれてしまった場合は、回復は期待できないため、永続的な麻痺が残る可能性が高い。 (2)ストレッチ損傷では頭頚部の側屈と同側に、神経根圧迫損傷では反対側の上肢に放散痛が出やすい。 →ストレッチ損傷では側屈側と反対側に、圧迫損傷では同側に出やすい。 (4)ストレッチ損傷では、スパーリングテストが陽性となる可能性が高い。 →スパーリングテストとは頭部を症状発現側に側屈、後屈矯正するものなので、圧迫損傷の場合に陽性となりやすい。 ※スパーリングテストの動画