sports-tr-link.net
股関節の詰まりに関して〜FAIとその他と〜
「股関節が詰まる感じがして痛い」 こんな訴えを聞くことがあります。 特にサッカー選手に多いでしょうか。 今回はそれに関してです。 (1)概要 股関節のつまりは、 ・器質的な変化が問題になっているもの ・機能的に問題が起こっているもの ・両方の混合 に分類できます。 器質的な問題があるものの多くは【大腿骨寛骨臼インピンジメント (Femoroacetabular impingement)】と呼ばれています。(以下FAI) (2)FAIとは 大腿骨側に問題が有る ・cam type 臼蓋側に問題が有る ・pincer type 両方が組み合わさった ・combined type があります。 カムタイプは大腿骨頚部が張り出しているため、臼蓋と衝突して軟骨損傷が起こります。 ピンサータイプは、臼蓋の被覆が過剰な場合に多く関節唇が挟まれたり、寛骨臼の辺縁と大腿骨頚部がインピンジすることで軟骨の損傷が起こります。 この二つのタイプがそれぞれ進行していくと、2つのタイプを併せ持った状態に変化していきます。 文章だけだとわかりにくいので、動画をご紹介します。 カムタイプ ピンサータイプ (3)機能的な問題による「詰まり」とは 上記のような器質的な問題がなくても、もしくはそれほど問題となるほどの変化がない段階でも、股関節の「詰まり」を訴える例は多くあります。 この場合は、股関節の機能的な問題が発生していると考えられます。 肩関節を考えるとわかりやすいです。 肩のインピンジメント症候群は、色々な原因もありますが、主に棘上筋と三角筋のトラブルと表現されることが多いですよね。 棘上筋をはじめとした、ローテーターカフが上腕骨頭を安定させ、関節内運動である滑りや転がり、回転を適切に作り出すことで、肩甲上腕関節の瞬間回転軸を作り出し、インピンジメントが起こらないようにしています。 股関節でも、同じような働きが、主に ・腸腰筋 ・外閉鎖筋 ・梨状筋 ・小殿筋 ・内転筋群(股関節やや外転位の時) によって生み出されています。