setsuyaku-lifeplan.com
夫の定年時ふたりの子どもはまだ小学生の、年齢差19歳の夫婦です。 将来の生活設計と主人の死亡保障についてアドバイスをお願いします | 節約ライフプラン
臼井 悦子先生 (うすい えつこ) プロフィール 奥様が収入を得る力をつける準備を開始 現在は、お子様の教育費を準備するのが優先 ご夫婦それぞれの死亡保障を定期保険で準備する 大竹美穂さん(仮名)のご相談 私たち夫婦は年の差があり、そのため、主人が歳をとってからの子供となりました。 主人は会社員で定年は62歳の予定です。その頃、子供たちは、まだ小学生。一番お金のかかる時期には年金生活です。3年後ぐらいには私も働きに行くつもりですが、生活していけるか心配です。 家は昨年、購入しました。昨冬のボーナスの一部で繰上返済をし、現在のローン残高は1,600万円、ローン期間は15年です。 主人は日額1万円の入院保険に加入していますが、死亡保険金が支払われる保険には加入していません。54歳という年齢なので保険料が高くて支払いを考えると躊躇してしまいます。 今は、ボーナスが比較的もらえているので良いのですが、これからは減っていくようです。児童手当・乳幼児医療助成は、収入制限にひっかかり、もらえていません。今後のわが家の生活設計や、主人の死亡保障がいくらほど必要か教えて頂きたく思います。よろしくお願い致します。 大竹さんのプロフィール 35歳、専業主婦。54歳、会社員の夫、子ども2人(2歳、0歳)の4人暮らし。 手取り年収 月収 33万円 年間ボーナス 200万円 合計 約600万円 貯蓄残高 400万円 毎月5万円を積み立て貯蓄。 住宅ローン 借入残高 1,600万円 借入期間 15年間 金利 2.55% 金利タイプ 10年固定 ご主人の定年までに、奥様が収入を得る力を持つことが大切 奥様が安定した収入を得ることができるよう早めに準備しておく 大竹さんは、ご主人が20歳近く年上、お子さまもまだ小さいため、将来の生活に不安を感じていらっしゃるのですね。では、具体的な対策を考えていきましょう。