setsuyaku-lifeplan.com
会社が不景気で毎月の返済が苦しくなってきました。残り返済期間が短くても繰り上げ返済で返済額を減らせますか? | 節約ライフプラン
山下 和之先生 プロフィール 長らくマイホーム関連の不動産会社、金融機関、そして実際にマイホームを買われた一般の方々など、多方面の取材に携わってきた経験を生かして本音でお答えします。効率的なマイホームの頭金づくりから、ローン破綻に陥らないローンの組み方、少しでもトクする返済方法まで何でもご質問ください。 望月 礼子さん(仮名)のご相談 3年前に4370万円の新築一戸建てを、2500万円の頭金、1870万円のローンで買いました。頭金が多かったのと、子どもたちの教育費が大きくなる時期にはローンを終えたいと考えて、10年返済でローンを組みました。毎月約12万円、ボーナス時約30万円(ボーナス月は約42万円)の返済です。しかし、予想していたより毎月のやりくりがたいへんで、しかも、会社の景気が悪くなっているので、収入ダウンの可能性も出てきました。繰り上げ返済で毎月の返済額を少し減らせないかと考えています。 池田 里佳(仮名)のプロフィール 36歳。ご主人は会社員(37歳、年収890万円)でご本人は専業主婦。6歳の長女、4歳の長男の4人家族。 池田さんの相談のポイント 月々のやり繰りが苦しいので返済額を減らしたい 残りの返済期間は7年を切っているが効果はあるか 手元の貯蓄額が減っても大丈夫だろうか 返済額圧縮型の繰り上げ返済を利用すれば150万円で毎月2万円ほど減らすことができます 残りの期間が短くなっても繰り上げ返済の効果はある 住宅ローンの繰り上げ返済は、残りの返済期間が長いほど効果が大きいのですが、残りの返済期間が短くなったからといってまったく効果がないわけではありません。あとわずかだからと、気を抜かずに繰り上げ返済を行って、少しでもトクする、ラクになることを心がけるようにしたいものです。池田さんの場合、2000年12月に10年返済のローンを組まれていますから、今年の4月に繰り上げ返済を実行するとなると、残りの返済期間は80カ月で、7年を切っていますが、さて、どれくらいの効果があるのでしょうか。 「期間短縮型」なら約19万円のトクになる