niguramu.jp
フィッシュパン |
ゆったりと曲線を描くフォルムが美しい小笠原陸兆デザインのフィッシュパン。 付け根部分がきゅっとつままれた持ち手へとつながっていく楕円形のパンはちょっぴりめずらしい形ですが、丸みを帯びたおおらかなイメージの鍋部分と短めの持ち手の組み合わせがかわいらしいバランス。 食材のもつ旨みを引き出し、自然に鉄分補給もできる南部鉄器のフィッシュパンは、その名の通り魚を焼く事以外にも、炒める・揚げる・蒸す・煮込むなど、あらゆる調理に対応できる優れもの。特に、鉄のフライパンでは意外と珍しい同素材のふた付タイプが人気です。 鉄には素材自体に流行に流されない普遍的な魅力があり、お手入れ次第で半永久的に使用する事も可能。 職人の手によって丁寧に造られ、一つ一つ微妙に異なるその表情は素朴で手作りならではの暖かさがあります。実用性と機能美を兼ね備え、長い時間をかけて土に帰っていく・・。そんな身体にも環境にもやさしい鉄器を毎日のくらしにどうぞ。