nakamuland.com
iPhoneをマウスやキーボード代わりに使う。 | nakamuland
お友達のれーなさんがついったで「パソコン買い換えたいから何かアドバイスちょっ。Macが良いけど安けりゃ何でもいいや」って言っててMac miniを勧めたんすよ。たまに持ち歩きたいみたいな事も言ってたけど、HDMIケーブル1本あればTVにも簡単に繋がるし最近新しくなったしマジベストバイだと思ったんすよ。でもさ、キーボードとマウスが必要じゃんね。そうなるとMac miniはちと辛い。で思いついたのがiPhoneがタッチ入力デバイスになれば良いのではないかと。そんな事を呟いたらフォロワーさんがこんなのあるよってロジテックのを教えてくれたんですが何やら今は日本のApp Storeにはないみたいで別のを探してたらコレを見つけた。 REMOTE MOUSE iOS端末とMacにそれぞれアプリケーションをインストールして(基本無料)Wi-fiで繋ぐだけの簡単接続でiPhoneやiPadがキーボードとタッチパッドに早変わり! Wi-fi環境が無いと使えないっぽいけど。 こういうのって結構タイムラグがあったりするんだけど全くそんな事なし。Macでもフリック入力出来るのが凄く良い!!あ。フリック入力良いんだけど一旦iPhoneの画面に打ち込まれて送信しないといけないのがちと使いにくいかも。タッチパッドはラグを感じる事は全くないです。カーソルの反応はとてもキビキビしてるし画面スクロールもラグがなくちゃんと追従してる。 現時点までのタイピングはiPhoneからのフリック入力を使ってます。 ここからMacのキーボードに切り替えます。 iPhoneのREMOTE MOUSE画面はこんな感じ。 緑色の部分がタッチパッドで真ん中の白い部分がマウスのボタン部分で左クリックと右クリックするところ。下部がキーボード部分。フリック入力だけでなくキーボード入力もできる。 マウスボタンとキーボードの間にあるアイコンをタッチすると オーディオコントローラー Dockコントローラーっていうのかな?MacのDockに入れてあるアプリケションを呼び出すことができる。 Webサービスをコントロールするコントローラー。(要課金) 計算機も使える。 シャットダウンや再起動もコントロール出来ちゃう。 ランドスケープモードでも使えるみたいだけどこれも課金しないと使えない。