masawaka.com
映画「ブラッド・ワーク」 | 若林政樹のサイト
受け入れる事のできない自分は、自分では分からない。 しかし、自分以外の者の言動に対して、苛立ちや無関心が芽生えたら それがそうだ。 全てを受け容れて繋がっていれば、苛立ちや無関心がない 繋がっているなら、自分を受け容れていない人の邪気が、まるで自分のようにわかる。 内容(「Oricon」データベースより)